【ダイエット】低カロリーでも太りやすい! コンビニでつい買いがちな食品5選

1. 匿名@ガールズちゃんねる

no title

http://ure.pia.co.jp/articles/-/559606
■カロリーが低いのに太りやすいのはなぜ?
お腹の脂肪を減らすのは、実は低カロリー食品だけではありません。食後に血糖値が急激にあがると、体に脂肪がつきやすくなります。この血糖値の上がり方を数値にしたものが、GI値。高いほど、体に脂肪がつきやすくなるのです。
GI値は60以下を選ぶと良いとされています。では、どんな食品が体に脂肪がつきやすいのでしょうか?

1.キャンディー

一粒たった、約16キロカロリーですが、GI値は108と非常に高い数値。

2.うどん
実は体脂肪がつきやすい食品です。うどんはGI値80!意外にも高い食品です。蕎麦ならGI値54と低いです。うどんよりも蕎麦を選ぶと良いでしょう。

3.食パン
GI値は91と高い食品です
パンを選ぶのであれば、全粒粉のパンを選びましょう。全粒粉ならばGI値は50なので安心できますね。

4.パイナップル

no title

パイナップルのGI値は65。GI値の低いフルーツ類の中では、高いフルーツです。
みかんのGI値は33、いちごのGI値は29です。

5.カロリーゼロの製品
毎日大量に摂取することで、脂肪がつきやすくなると言われています。

2019/09/16(月) 14:17:45



続きを読む

Source: がーるずレポート – ガールズちゃんねるまとめブログ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする